あなたも目指したくなる?保育士の生きがいとは

保育士の仕事はむしろ楽しいことばかり

保育士と聞くと「大変そう」「辛そう」などのイメージがありますが、決してそんなことはありません。仕事自体は確かに忙しいですが、その中にもちゃんと楽しいと思える瞬間があります。特に保育士は小さな子どもと触れ合う機会が多いので、他の仕事では味わえない生きがいが多く存在するのです。保育士は大変できっと楽しくないと思っている人には、少し意外ですよね。もしかしたら、これがきっかけで保育士を目指したいと思うようになるかもしれませんよ。

子どもの成長を近くで感じることができる

一番の生きがいと言えば、やはり子どもの成長を近くで感じることができる点です。出会った頃は何もできなかったはずの子ども達が少しずつ成長していく姿は、大変感動するものです。子どもが好きな人にはたまらない瞬間でもありますよね。また、成長するために何か手助けをしたりあえて叱ったりすることも、保育士としての生きがいに繋がるでしょう。子どもを叱ることは勇気がいりますが、それによって成長していく様子は「この仕事をしていて良かった」と感じる瞬間でもあるのです。

パワーやエネルギーをもらえて元気になれる

どんなに疲れていても、子どもの顔を見るとその疲れが吹っ飛んでしまう。そんなことってありますよね。子どもの持つ力とは不思議なもので周囲の大人が落ち込んでいると、その気持ちを瞬時に見抜いてしまうことがあります。そういった時に元気付けようとしてくる子どもの健気な姿は、見ているだけでエネルギーをもらえてしまいます。さらに、普段遊んでいる時の無邪気な笑顔も生きがいの一つでしょう。子ども達の笑顔は、周りを癒す一番の特効薬なのです。

神奈川県は住みたい町の上位に常にあり、移住者も多数います。そのため、若者なども多く、保育所を必要としている家庭も多数あり、保育士の求人なら神奈川と言えるのです。