保育士になりたい!タイミングに応じた目指し方とは

まだ高校生なら選択肢は豊富

保育士になりたいと考えたときには保育士資格を取得しなければなりません。まだ高校生なら選択肢は豊富にあります。四年生の大学で保育や教育に関わる課程を履修すると卒業するだけで資格を取得できるでしょう。短期大学でも該当する教育課程を選べば資格が得られます。また、より実務的な面を重視して学びたいと考えたら専門学校に進学する方法もあるでしょう、このような方法で確実に資格を取得できるのが高校生の時期に決断するメリットです。

仕事をしながらでもできる方法とは

大学に進学したり、仕事を始めたりしてからやはり保育士になりたいと考えるようになった場合には大学に新たに通い直すのは大変でしょう。仕事をしながらでもできる方法として通信制の学校を利用する方法があります。およそ3年で資格を取得することができることに加えて、勉強の時間が左右されないので仕事との折り合いをつけやすいのがメリットです。また、受験資格を満たしているなら資格試験を受けることで取得することもできます。

転職のために選ぶならどうするか

転職するために保育士の資格を取得しようと考えたときには、仕事をしながらでなければならない場合には通信制学校を選ぶのが良いでしょう。もともと保育系の仕事をしていたのなら受験資格を満たしている可能性があるので試験を受けるのも良い方法です。しかし、確実性という観点からは2年から3年程度で確実に実力もつけられて資格も取得できる専門学校を選ぶに越したことはありません。転職のタイミングにもよりますが、まだ若いのなら能力を育むためにも専門学校を選ぶと良いでしょう。

保育士の求人を大阪で調べているなら最適です。求人の件数が多いために、希望のエリアや報酬の保育園を選べるというメリットがあります。