保育士の生きがいは、他の業種ではあり得ない心の充実感!

出来た!を一緒に喜べる毎日

保育士になって、生きがいと言えば、子供の成長を身近に感じることが出来る事です。今まで出来なかったことが、急に出来るようになったり、嫌いなものを一生懸命食べて、「食べれた!」と頑張っている子どもの様子は、保育士にとって何よりもうれしいことです。子供の懸命な姿は、仕事をしていて良かったと感じる瞬間で、それは、日々の生活で身近に感じられます。子供にとって自分の存在がとても大切で、無邪気に「好き」を表現してくれる姿は、何よりもの宝ですよ。

成功を一緒に喜べる環境

子供の成長ばかりではありません。保育士になると、たくさんのイベントがあります。運動会やクリスマス、今は、ハロウィンなど季節によってさまざまなイベントがあります。本番に向けていろいろと考えた分、喜びややりがいもたっぷりです。イベントの成功は、喜びを子どもたちと共有できるだけではありません。保護者から「子供の成長を感じられた」という言葉や、時には感動して涙を流している方もいらっしゃいます。そんな言葉や姿は、生きがいへとつながっていきますよ。

素直な言葉のシャワーで毎日充実感

保育士になってよかったと思う瞬間は、やはり、子供たちからの贈り物です。贈り物と言っても、プレゼントではありません。「ありがとう」や「大好き」という、毎日投げかけてくれる言葉です。子供たちは素直に表現してくれます。そのストレートな表現は、保育士の一番のやりがいを感じる瞬間です。子供が大好き!という人は特に、自分を愛してくれる子供たちに囲まれて、感謝を毎日される生活は、充実感に満たされます。大人になると忘れてしまいがちな、「素直な気持ち」も子供たちから教えてもらえる、貴重なお仕事です。

保育士の求人なら東京がおすすめできる理由として、職員の待遇が良い事業所が多く展開されていることがあります。